雑記

神社や石をネタに、ひっそりと何か。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

鷲子山でふくろう 

2016/10/27
Thu. 00:25

鷲子山神社(とりのこやまじんじゃ)。

itorikoyama2.jpg

茨城県と栃木県の県境という表面的には穏やかで

水面下では必死に足で水を掻く白鳥の如く
優雅な蹴り会いをしてるのではないかと(違)。

神社の由緒は鷲子山神社のサイトによると

「神社の創建は、大同2年(807)大蔵坊宝珠上人が
諸国遍歴中に四国の阿波国(徳島県)に立ち寄り、製紙業が盛んであることを知り
紙漉きの技術と共に守護神である天日鷲命(あめのひわしのみこと)を勧請し、
鷲子山に社殿を建立したといわれます。
その後、大巳貴命や小彦名命がまつられました。

鎌倉時代末期になると、
当地方は下野国中央部を勢力圏とした宇都宮氏支族の武茂氏が統治していました。
神社はかつて朝日嶽と呼ばれる地にありましたが、
天文21年(1552)現在地に再建したと伝えられています。」


「とりのこ山」に、天日鷲命の「鷲」の字が使われるのは分かったけど

itorikoyama1.jpg

itorikoyama3.jpg

何故フクロウ。
フクロウ好きだけど、鷲はどこ行ったの。
金運のパワスポで、日本一大きいフクロウ像、鳥居から覗くとワクワクして楽しいんだけど
鷲は(こだわるな)

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://7hosi8.blog74.fc2.com/tb.php/277-82c009e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。