雑記

神社や石をネタに、ひっそりと何か。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

蟠龍はつぐみ龍と読む事に蟠りを 

2016/11/24
Thu. 00:40


大甕駅から大甕神社と泉神社は行ける距離。
泉神社は湧水があると聞いて。

泉神社の境内社、厳島神社と湧水。

iomitusya.jpg

社殿を見てたら、龍にしては変わった顔の装飾が。
龍は鰐顔だし、角も無いと。

iomiitukazari.jpg
iomitukazari2.jpg

と、ツイッターで呟いたら
フォロワーさんから「つぐみ龍では?」と教えていただきました♪

茨城県つくば市、 金森別雷神社の神紋、 「つぐみ龍」。
顔と尻尾が合致しました!
と、分かってすっきりしながら、ちょっとひっかかったのが

つぐみ龍は、蟠龍と書く。
変換候補に 「蟠り(わだかまり)」 とあった。
あまり良い意味じゃないような・・・

・わだかまる
・とぐろを巻く
・くねる、曲がる
・心がねじ曲がる
・横領する、他人の物を盗んで自分の物にする

おい

蟠龍は、「地面にうずくまって、また天に昇らない龍」

龍は、神の使い。
冬は地に潜み、人の願いを宝珠に込め
春に天に昇り、 夏は天に居り、 秋に天から地に降りて、 冬に地に潜むを繰り返す。

龍が天に昇られると困る人が
昇れないように封印したネーミング臭がしないでもないような。

口をつぐみ たまへ ですな。

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://7hosi8.blog74.fc2.com/tb.php/279-a315c3e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。